2019-2020年度 第 9 回例会(創立1775 回 )

令和元年 9月 9日(月) 18:30〜
JRホテルクレメント高松 3F
君が代・ロータリーソング「
それでこそロータリー」

お客様

国際ロータリー第2670地区 2019-2020年度ガバナー
 大島 浩輔 様 (徳島プリンスロータリークラブ)

国際ロータリー第2670地区 
 香川第1分区ガバナー補佐 角田 朝則 様

随行 赤澤 義仁 様 (徳島プリンスロータリークラブ)
随行 藤原 賢治 様 (徳島プリンスロータリークラブ)

高松北RC 奨学生
 高松大学 レ・ティ・チさん
高松北RC 交換留学生 丸井 美乃 さん 高松北RC 交換留学生 松内 大知 さん
 台風15号で、真夏のような暑さが続きます。今日は晴れ渡った青空に、入道雲が見られました。 皆様、体調はいかがでしょうか。
 本日は2670地区ガバナーの大島様をお迎えしてのガバナー公式訪問例会となっております。徳島からガバナーの大島様、随行員として赤澤様、藤原様。香川第1分区のガバナー補佐の角田様にお越しいただいております。
 ようこそ、高松北ロータリークラブへ。
 短い時間ではありますが、ご指導よろしくお願い申し上げます。そしてお楽しみいただければ幸いに存じます。
 高松北ロータリークラブも来年は創立40周年を迎えます。会員数も90名となり、様々な事業に取り組んでおります。とりわけ継続事業と致しましては、平成2年、創立10周年の小竹会長の時に始めた少年サッカー大会の支援が今年で30周年になります。翌年、平成3年、川田会長の時にサンアントニオ中央北ロータリークラブと姉妹提携を結び、交換留学生の制度を始めて来年で30周年になります。また、高松北ロータリークラブ独自の奨学金制度を始めたのが創立20周年の年であります。また継続10年を超える事業にミャンマーのスータウンピー孤児院への支援、ジュニアゴルフ教室への支援等があります。
 この40年の間、時代は急速に発展し、急激な変化をもたらしています。
 環境は変わり、価値観も多様になっていく中、課題や問題も見えてきました。私は、「継続は力なり」そして、ロータリーの礎である「つながり」を念頭に置きながら、環境の変化、時代の流れに対応できる10年先のビジョンをスローガンに掲げて取り組まなければならない時だと思っています。 
 今日は良い機会であります。懇親を深めながら、今日のこの時間を意義あるものにできればと思っています。
 よろしくお願い致します。


例会変更

1.高松ロータリークラブ
9月19日(木)18時30分
JRホテルクレメント高松21F スカイバンケット シエロ

10月3日(木)8時45分
粟島総合開発センター「瀬戸内芸術祭秋会期視察例会」





国際ロータリー第2670地区 2019-2020年度ガバナー
 大島 浩輔 様 (徳島プリンスロータリークラブ)

 徳島から参りました、大島と申します。よろしくお願いいたします。このクラブには赤松様をはじめたくさんの方にお世話なっております。クラブが多岐に渡っていろいろなされています。またサンアントニオ交換留学生は素晴らしいことと思います。ぜひこれからも続けていただくように心よりお願い申したいと思います。

 国際ロータリーの元会長マローニー様が国際協議会でこれだけはお伝えしたいということが3つあります。ロータリー友の会に会長のメッセージが入っておりますぜひお読みいただきたいと思います。
 1部を読み上げますと1つは「 ピューリッツァー賞」です。 これはアントニーさんがミャンマーのロヒンギャ族関係のレポートでピューリッツァー賞を取りました。
 2つ目は、ポリオと戦い40年経っております。まだポリオは存在しております、ポリオ、小児麻痺などロータリーの友にポリオの原点の記事が載っておりますぜひお読みください。
 3つ目は会員増強です。女性会員の方はタッグを組んでもっと女性会員を増やして楽しい会にしてほしいです。 今世界では20%が女性会員です。それを5年間で40%まで持ってきたいと言っておられます、 日本では女性会員は6.2%です。
 ポリオ撲滅の次となる大きなロータリーの目標は平和フェローの継続要請です。世界の7大学に設置されたロータリー平和センターより毎年120名の平和フェローが誕生し、平和と紛争予防解決に向かって努力を積み重ねています。まだまだ世間にはなじみがなく色々と問題を残しています。 また平和センターの維持・平和フェローの育成のための寄付をお願いいたします。
 徳島の地区大会で山崎様が世界の平和に貢献するお話をいたします。ぜひご参加ください。

国際奉仕委員会 黒田 史郎委員長
 サンアントニオ交換留学生は皆様のご協力で無事完了しました。7月26日から8月8日までの間女子2名、マリサ・ゴンザレスさん、ローレン・デレオンさんが来日されました。
 ホームステイ先は丸井会員、 吉見会員、松内会員、黒田で受け入れをしました。また七條様には通訳で大変お世話になりました。
高松北RC 交換留学生 丸井 美乃 さん
 皆さんこんばんは。丸井美乃です。
 まずはじめに、ロータリークラブの皆様のご厚意により実現した、今回の機会に心より感謝申し上げます。ありがとうございます。
 簡単にではございますが、約2週間のサンアントニオへの交換留学についてお話させていただきたいと思います。サンアントニオ空港に着いたのは、日本を出発してからおよそ23時間後の午後9時頃でした。空港ではあちらのロータリーの方々が暖かく出迎えてくださり、飛行機での長旅を心配してくれる言葉と笑顔に、移動による疲れも和らいだことを覚えています。それからハンバーガーショップで軽食を取り、3日間私たちを家に泊めてくださったモニカの自宅へと向かいました。自宅へと向かう途中、アメリカ映画で見たような住宅街にわくわくしたことを覚えています。モニカや彼女の両親は、私たちを様々な観光地に連れて行ってくれました。すべてが楽しくとても思い出ですが、特に私が印象に残っているのはサンアントニオリバーという大きな川を船で下りながら、街並みを眺めたこととファーマーズマーケットで朝食をとったことです。アメリカに訪れるのは今回が初めてだったこともあり、見るものすべてが新鮮でワクワクしていました。アメリカの人々は日本人に比べて、とてもフレンドリーで、ファーマーズマーケットで近くにいる初対面の人に声をかけ仲良く話をしている様子がとても印象的でした。
 そしてつぎのホストファミリーお家に移ってからは、サファリに行ったり、川でチュービングをしたりと、とてもアクティブな活動をしました。私がサンアントニオへの交換留学でもっとも思い出深いと言っていいほど印象深いのはチュービングです。チュービングとは、タイヤのチューブに乗って川を下っていく楽しいレジャースポーツで、私と大知くんもウキウキで川に向かいました。大自然の中をゆるやかに流れていくその空間に、日頃のストレスや大学での疲労感も一瞬にして洗い流され、本当に心和らぐ時間でした。私の乗っていたチューブに少し不具合があり、乗りにくかったのですが、そのことを知った大知くんが「変わりましょうか?」と言ってくれ、私たちのチューブを交換することにしました。お互いのチューブに乗り移るため、水深15センチから20センチほどの浅瀬で地面に足をつけたその瞬間、ものすごい速さで2人とも川に流されてしまいました。地面は岩だらけで2人とも全身を擦りむきながら、かなりの距離を猛スピードで流されたと思います。私が履いていたサンダル、連れてきてくれたジョイスに借りたタオルと日焼け止め、大知くんがチューブに結びつけていたスマートフォン、所持していた物もすべて流されてしまいました。でもそんなものに構っている余裕もなくとにかく自分たちの命を守ることに必死でした。流れのおだやかな所に来たとき、少し前にいたジョイスが大きな声で何かを叫んでいるのが聞こえました。ジョイスのところまで行くと、「タイヤのチューブだけが流れてきて、上に子供達がいないから本当にびっくりした」とすごく驚いた様子でした。ジョイスに心配をかけてしまったことは本当に申し訳なかったと思っていたのですが、自分たちが無事だったことの安心感からか、その時の状況を想像するととても笑えたことを思い出します。結局私のサンダルと大知くんのスマートフォンは木にひっかかっていて見つかりました。ジョイスに借りたタオルと日焼け止めはなくしてしまいました。
 とんでもなく怖い思いをしましたが、その後とってもおいしいハンバーガーを食べ、ニコニコで帰路につきました。
 また三日間ほどでしたが、メキシコのヌエボラレドという街にも行きました。そこではメキシコのロータリーの会長さんが動物園や、メキシコとアメリカの国境にあるリオグランデ川に連れて行ってくれました。ホームステイ先のお家でパーティーをして、たくさんの友達が出来たこと、メキシコの伝統的な物をお土産に持って帰ってほしいとプレゼントしてくれたこと、思い出すだけで胸が暖かくなるほどの人との繋がりを、本当に嬉しく思います。
 出発前、今回の交換留学は思い出と学びの多いものにすると決意を固めて、旅立ちましたが、創造の何倍もの忘れられない思い出とこれからの原動力となる学びがありました。私は今大学で英語を専攻しています。これからの自分の大学生活を改めて考えさせられる、とても貴重な経験となりました。長くなりましたが、これで私の報告を終わらせていただきます。ご清聴ありがとうございました。

高松北RC 交換留学生 松内 大知 さん
  交換留学生として行かせていただきありがとうございました。最初は自分は全然英語がしゃべれずにすごく不安でした。
 実際に行ってみると向こうの人たちはすごく優しく面白い人たちばかりですぐになじむことができました。サンアントニオではいろんなところに連れて行ってもらいました。その中でアメリカ人は全然知らない人でも積極的に話に行ったりするし日本人との違いに気づくことができました。
 そして三日間メキシコに連れて行っていただきました。その中で去年ホームステイしていた人たちと会って話をすることができました。このような機会をいただきありがとうございました。

吉見 好博 副幹事
「地区大会のお知らせ 」


青少年奉仕委員会 新名 孝司 委員長
 第30回高松北RC杯少年サッカー大会記念イベントのご協力のお願い。
9月14日15日16日と少年サッカー大会がございます。14日は開会式がありますので8時集合、16日は12時から16時半までを予定しております。 食事は軽食を用意しています。


綾野 準一 会員
  父の葬儀多くの方のご参列ありがとうございました。

丸井 一馬 会員
 娘が大変お世話になりました。また松内会員にかわりまして御礼申し上げます。ありがとうございました。
 野球部からお知らせです。先週は甲子園に行って参りました、京都洛中と5時から試合をして参りました、圧勝でした。今週は徳島のガバナー杯に行って参ります。

ゴルフ同好会 大矢根 将彦 会員
 9月28日ゴルフ同好会がございます。今週が締め切りになっております。皆さんのご参加をお待ちしています。
例会変更
月 日
クラブ名
例会場
月 日
場   所
時間
10月 3日 高松RC リーガホテルゼスト高松 10月 3日 粟島総合開発センター
8:45
10月11日 小豆島RC 国民宿舎小豆島     定款第8条により休会  
出席報告 9月 9日
会員数
出席者
出席率
ビジター
ビジター累計
ゲスト
奨学生
90 名 (87)
71 名
81.61 %
0 名
12020 名
6 名
1 名

前回訂正
8月 26日例会訂正
8月 26日訂正
75.00 %→76.14 %
75.28 %→75.28 %

メイクアップ会員

・ 山下 会員

ニコニコ箱

大島 浩輔ガバナー…ガバナー訪問記念

黒田 会員… サンアントニオ姉妹クラブ交換留学生、両国 各2名 8/22を もって無事終わりました。関係者はもとより、メンバーの皆様の御協力ありがとうございました。
綾野 会員… 父の葬儀では大変お世話になりました。
松内 会員… 息子が無事に帰って来ました。皆様ありがとうございました。
鈴木 会員…甲子園ありがとうございました。
岡田 ・ 野口 会員… 結婚祝 御礼
渡辺 朋之 ・ 葛西 ・ 小竹 ・ 中野 ・ 高畠 ・ 永原 ・ 岡内 会員… 誕生日の御祝い ありがとうございます。

メニュー

先 付 秋刀魚と菊菜の焼き浸し
御造り 海の恵み あしらい
焼 物 鮭葱味噌焼き 帆立
煮 物 南瓜饅頭 鰊甘煮
強 肴 秋茄子煮おろし
    オリーブ豚柔らか煮
食 事 茸ご飯 香の物 留椀
    フルーツミックス
次週予告
今週のSAA:岡内SAA
週報担当:会報委員会担当: 三谷会員

※次週予告
9月 30日(月)JRホテルクレメント高松3F
 客 話  「社会貢献と写真業界について」
 スタジオエース代表取締役会長 東埜 正信様
 会務運営 担当