2018-2019年度 第 7 回例会(創立1732回 )

平成30年8月27日(月) 12:30〜
JRホテルクレメント高松 3 F
ロータリーソング「
4つのテスト

お客様


左から 三木真菜さん・藤重藍さん・丸井皐さん・中塚会長

三木会員・三木真菜さん・三木ひろみさん

丸井皐さん・丸井会員

藤重会員・藤重藍さん

左から 高松中央高校 インターアクト部
顧問杉本先生・北内君・田渕君

高松北RC 奨学生 
香川大学大学院 工学部 大学院生 ブィ・クォク・フィーさん

 私が会長になってから今日まで、多くの台風が発生しました。そのうち4つの台風が香川県に接近しました。今日ゲストで来られている高松中央高校の皆さんや、短期交換留学生の皆さんには、予定していた行事に若干の影響があったようです。また、それらの台風が「そば」を通った割には、香川県に大きな災害が起きなかった事を幸いに思う次第です。
 私事ですが、当社が加入している建設業協会は、香川県や高松市と協力して、災害を最小限に食い止めるための防災組織を構築しております。台風に限らず、大雨洪水警報が発令されるたびに、各社が対策チームを作り、昼夜を問わず待機しており、何時でも出動指令に応えられるようになっています。あっちこっち工事中で通行止め等、迷惑をかけている建設業ですが、見えない所でこんな事をしている事も知っておいて欲しいと思います。
以上、会長報告とします。

 高松北ロータリークラブ奨学生が本日来られています。
後ほどご紹介いたします。

三木真菜さん
 この夏、国際ロータリー第2670地区短期交換プログラムでアメリカニュージャージー州に派遣していただきました、県立高松高校2年、三木真菜と申します。
 改めて、ご推薦いただきありがとうございました。 このプログラムを通して、私は文化の違いや多様性を学ぶだけでなく、素敵なホストファミリーと出会うことができました。この経験は、私にとって一生の宝物になりました。
 そして私事ではありますが、一つご報告があります。
 元々、英語や海外が好きで留学したいと考えていた私は、このプログラムに参加したことで、海外に出たいという気持ちがより一層強くなりました。そこで帰国後すぐに、文部科学省推薦プログラムの試験を受けて合格し、来年1月から1年間、カナダに留学することが決定しました。日本で2人しかない枠に入ることができ、私が通う高松高校でも長期留学は近年では非常に稀な試みということで、とても誇りに思います。 ロータリーの留学で学んだことを生かし、これから先も精一杯精進します。ご清聴ありがとうございました。
藤重藍さん
 私はこの留学でたくさんのことを学びました。
 最初の一週間はメキシコで過ごし生活様式や文化の違いを学びました。またメキシコ料理や伝統的なダンス、観光名所を楽しみました。食事をする時間がとても遅かったりお風呂は朝入ったりと生活リズムがとても違っていて驚きました。またアメリカとの国境になっているリオグランデ川の歴史を学びました。昔より良い暮らしを求めアメリカへ移り住むために川を渡ろうとして多くの人々が亡くなったことを知りました。メキシコはアメリカに比べ物価が安く、収入も少ないため今ではアメリカで働きメキシコで暮らす人が多いことも知りました。私はメキシコの家はどこも大きく豪華だと思っていましたがこのような背景があったんだと思いました。
 サンアントニオではリバウォークや遊園地、世界遺産を楽しみました。特に世界遺産の1つでアラモという建物が1番印象に残っています。アラモは初めキリスト教へ改宗させるための伝道所としてスペインが建設したものでしがテキサスとメキシコの間であったアラモの戦いで要塞として使用されたくさんの人々が戦死したことを知りました。他にもトレールという建物を見学しました。昔、サンアントニオの人々がどのような所でどのような生活をしていたのか実感出来ました。
 また、メキシコでもアメリカでも周りの人々は皆ノリが良くてフレンドリーで年の差関係なく誰にでも話しかけていてすごく日本人との違いを感じました。
 この2週間でたくさんのことに驚きたくさんのことを学びました。このような機会を与えてくださったみなさまにはほんとうに感謝しています。ありがとうございました。今後学んだことを生かして国際的な人間になれるよう頑張りたいと思います。
丸井皐さん
 皆さん、こんにちは。先程ご紹介にあずかりました。丸井一馬の次女、丸井皐でございます。原稿が3枚ありますので、少し長くなると思いますが、お付き合いいただけると嬉しいです。
 まずはじめに、このような機会をいただけたことは、ロータリークラブの皆様のご厚意により実現したことであり、大変貴重な体験をさせていただきました。心より感謝しております。ありがとうございました。
 続きまして、約2週間にわたりました、サンアントニオへの交換留学についての報告をさせていただこうと思います。
 高松空港を出発して、東京・シカゴを経由し、サンアントニオに到着したのは、出発してから、約22時間後でした。初めて経験するフライトの長さに正直、嫌気がさした部分もありましたが、楽しみという気持ちのほうが大きく、乗り越えることができました。サンアントニオに着くと、あちらの、ロータリークラブの皆さんが、到着をすごく喜んで迎えてくださったのが、強く印象に残っています。そこからの2週間はあっというまに過ぎていきました。初めの1週間は、日本にやってきた3人の留学生、そして彼らの家族とメキシコで過ごしました。彼らの家は、アメリカとの国境付近にあるヌエボラレドという小さな街にありました。小さな街といっても、やはり日本に比べると、全てが大きかったです。彼らのお家にも、お邪魔させていただきましたが、すごく広くて、綺麗で、立派なおうちでした。私も将来こんな家に住みたいなと思いました。地元のショッピングセンターに行ったり、ディナータイムにメキシコの伝統的なマリアーチという音楽を堪能しました。ステージの目の前の席を用意してくれていたのですが、とにかく大迫力でした。メキシコ人は朝昼晩、場所を関係することなく、大爆音で音楽を流し、踊っていて、日本人と正反対なんだなと興味深く感じました。
 また彼らはメキシコ第3の都市でもあるモンテレーへも連れていってくれました。”Cola de Caballo”という滝の名所に連れていってくれたり、”Santiago”という教会で有名な素敵な街にも行きました。日本にはない独特な色や形をした建物は、とても魅力的でした。移動時間が長いこともあり、車外を眺める機会も多かったのですが、あちらこちらにサボテンが生えていたり、見たことのない動植物を見つけると、『自分は今、日本から遠く離れたところにいるんだなぁ』と実感しました。逆に、トヨタやホンダ、日産などの日本車がとても人気で、街中でたくさん見かけました。日本企業の偉大さにも気付かされました。
 あっというまに、別れの時がやってきました。彼らに出会って、まだ1ヶ月も経っていないのに、別れを告げる時、とても悲しくて涙が出ました。彼らも、私たちとの別れを涙を流して、惜しんでくれました。たとえ、話す言葉や顔の色や形が違っても、笑顔1つで友達になることができるし、涙を流して別れを惜しむことで、『きっとまた再会できる』、『再会しよう』と互いに強く思うこともできると、私は気付かされました。
 後半の1週間についての話に移ります。後半の1週間はサンアントニオで過ごしました。サンアントニオはリバーウォークで有名な都市でもあり、ボートに乗って、サンアントニオの街並みを楽しみました。またアウトレットに行ったり、本場のロデオを見に行ったり、SixFlagsという有名な遊園地にも連れていってもらいました。そして、家にあるプールにも入らせてもらいました。アメリカ人の家にプールがあるという話は、半信半疑でしたが、本当にあったので、驚かされました。もう一度言いますが、あんなお家に住みたかったです。
 人々の優しさに触れ、英語に不安のあった私でも、大きなトラブルもなく、終始楽しく過ごすことができました。あちらで経験したすべてのことが良い思い出で、かけがえのない宝物です。別れは想像以上に辛いものではありましたが、こんなにも思い合える友達ができたことを本当に誇りに思います。最後になりますが、自分の英語力をもっと磨いて、いつか、もう一度彼らに会いに行こうと思っています。長くなりましたが、これで私の報告を終わらせていただきます。ご静聴ありがとうございました

インターアクト委員会 高橋 亮次 委員長
  テーマ 「インターアクト年次大会に向けて」
例会変更
月 日
クラブ名
例会場
月 日
場   所
時間
9月5日 坂出東RC 坂出グランドホテル 9月5日 飯山 ひらた
18:30
出席報告 8月27日例会
会員数
出席者
出席率
ビジター
累計
ゲスト
92名(90)
71名
78.89%
0名
11994名
7名

前回訂正
8月20日例会訂正
7月の月間出席率

84.44% →86.67 %  

88.24 %  

メイクアップ会員

岡内・浅田 会員

ニコニコ箱
三木会員 …三木真菜(孫)が帰国しました 短期交換留学では大変お世話になりました
丸井会員 …娘がお世話になりました
藤重会員 …留学させて頂いてありがとうございました
新名会員 …念願の富士山に登りました
野口会員 …誕生祝いありがとうございました
新名会員 …早退お詫び

メニュー

香川産水茄子のサラダ、スモークサーモンとポーチエッグ添え
鮎のコンフィ
 バジル風味のチーズ焼き小さな野菜入りブールブラン
プチガトー
ホテルメイドブレッド、バター
コーヒー

 
次週予告

今週のSAA;新名SAA
週報担当:会報委員会担当:永野会員
※次週予告

9月3日(日)JRホテルクレメント高松 3F 18:30〜
            卓話 ロータリー情報委員会担当